閉じる

スーパーハイドライド【メガドライブ】

チクチクチクチク


メガドライブ版スーパーハイドライドです
といってもメガドライブ以外では発売されていません
ファミコンキッズにとってハイドライドというとFC版のハイドライドスペシャルです
このハイドライドスペシャルとにかく不親切で何をやっていいかさっぱりわかりません
私の周りではすっかりクソゲーという評価でした


スーパーハイドライドも全く期待してませんでした
購入した理由はただ安かったからです
スーパーハイドライドはヴァーミリオン、ファンタシースターと並んでRPG値崩れ3兄弟でした

 

どれも500円くらいで買えたような気がします
定価が7900円だと知ってビックリ

実際プレイするとこれが予想外に面白かったです

相変わらず不親切さはあるもののFC版とは比べ物にならないくらいとっつきやすくなっています
攻撃はボタン操作に変わりマップには街があるオーソドックスなARPGです
そしてこのゲームならでは要素もあります
まず時間の概念がある事 夜は敵が強くなるというありきたりなものですが当時は珍しかったと思います

そして時間の経過とともに食事の概念があります 空腹になると体力が減って餓死します
他にも重さの概念があります
適当にアイテムを買ったり拾ったりするとすぐに重量オーバーになってしまいます
それどころかお金にまで重量があるので敵を倒していくだけでも重量オーバーになります
中盤からは両替機が手に入るので開放されます・・・どういうシステムだ

ストーリーもグラフィックも全体的に暗くて独特の雰囲気があった(ような気がします)
知名度はイマイチですが良作です
メーカーのアスミックは他にエアダイバーというこれまた知名度イマイチの良作を出しています

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

© 2021 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。