閉じる

ワンダーモモ【PCエンジン】レビュー

I wonder ,wonder, who,who-oo-ooh, who

PCエンジンHuカード ワンダーモモ【ナムコ】1989年4月21日

こちらはアーケードからの移植ですね

アーケードで見たような見てないような

よく覚えていませんがコレを持っていた友達はしょっちゅうゲームセンター行ってましたからおそらくそこでプレイしていたのでしょう

オーソドックスな横スクロールアクションですがこのゲームの売りは何といってもキャラクターです

露骨なまでのオタク路線というかオタク文化をネタにしています

ステージは演劇の舞台のようで観客はハチマキを巻いたオタク達です

ジャンプするだけでスカートが捲れてパンツが見えます

主人公のプロフィールも惑星ロリコットからやって来たという設定

ここまで振り切ってるのはスゴイ

当時小学生だったので分かりませんがこの時代ですでにオタク文化ってのが認知されてたんですかね

 

ゲームの設定やグラフィックにはコダワリを感じますがアクションゲームとしては全くコダワリを感じません

オーソドックスな横スクロールアクションと書きましたがこの時代のアクションとしては標準以下です

もっさりとしたジャンプやキック、ワンパターンなステージと敵

一応正義の味方らしく変身要素もあるのですがフラフープ投げるだけという地味なもの

何がムカつくって攻撃を食らう度にいちいち転ぶので物凄くテンポが悪い

 

今検索するとそんなに酷い評価ではないようですが私の中ではお粗末という印象しかありません

 

このゲームの売りであるオタク要素も当時小学生だった私には魅力的に映りませんでしたしね

というかこのゲーム、パッケージの絵柄とゲーム内の絵が全く違うんですよね

どっちがどうという訳でも無いんですがこれはあまりにも違うだろうに

ただこの時代にこれだけ可愛いキャラを押し出したナムコの先見の明はさすがですね

元々ナムコはワルキューレの冒険やカイの冒険などいち早く美少女キャラを売りにしたんですよね

その後リッジレーサーでもレースゲームでありながら永瀬麗子という女性キャラを押し出してましたしね

後にアイドルマスターを大ヒットさせるのも納得ですね

最近のナムコむしろ美少女ゲームというイメージかもしれませんね

 

パンチラといえばボクが小学生の頃の悪戯の代名詞といえばスカートめくり

ただ実際スカートめくりをしたなんてヤツはいませんでしたしやったなんていう人に会った事がありません

もちろんボクもやった事ありませんしやろうと思った事もありません

 

しかしある時クラスメートの1人テツオが友達数人を集めて提案したのです

おれ達でスカートめくりのグループを作ろうと(バカかよ!)

そんなもん一人でやれって話ですがさすがそんな度胸は無かったのでしょう

テツオはご丁寧にグループ名まで考えていました SMG34(仮名)

そして事細かいルールを説明されました

詳細は覚えていないというかこんなくだらない事思い出したくもないですがまあ仲間を裏切らないとか秘密を守るとかそんな事でしょう

こうなってくるとスカートめくりとは関係なく秘密の組織が面白くなってきて会員証を作ろうという事になりました

手描きで似顔絵を描いてご丁寧にスカートめくりのグループという事まで記載しました

 

ところがあろうことがグループの1人トンチキがこの会員証をトイレに落としてしまいました

それを掃除の生徒が拾って先生に報告 大問題になりました

そりゃそうです「1日1回女子のスカートめくる」とか書いてあるんですから

しかも会員番号まで書いてあるので芋ずる式に他の会員も総摘発となりました

幸いクラスの男子の1/4程度が会員だったのでさほどバカにされる事もありませんでした

ですが他のクラスからは3年エロ組と呼ばれて大いにバカにされました

スカートめくりなんぞ一回もした事ないのにとんだ汚名を着せられたものです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

© 2021 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。