閉じる

ファミリージョッキー【ファミコン】

今日はダービーめでたいな♪

ファミコンソフト ファミリージョッキー【ナムコ】1987年4月24日

ナムコファミリースタジアムに続くファミリーシリーズ第二弾ですね

タイトル通り競馬がテーマですが育成ではなくレースゲームです

プレイヤーはジョッキーになって馬を選んでレースに臨みます

車と違って馬なのでプレイヤーが出来る事はコース取りと鞭を入れる事障害でのジャンプの支持だけです

この駆け引きが非常に上手く出来ています(当時としては)

開始直後に鞭を入れて前にでるのかゴール前で鞭をいれて差すのかプレイヤー次第です

馬ににも特性があるのでレース展開や馬の特性を考えて上手く走らせる必要があります

 

前に馬がいるのに鞭を入れると前の馬に追突してしまいます

すると前の馬を加速させるだけで自分は無駄なスタミナを消費するだけになります

逆にスタミナを使い果たしても混戦の中で上手く追突させることができれば逃げ切る事も可能です

コース上にアイテムがありスピードアップやスタミナ回復などゲームらしい演出もあります

このアイテムは早い者勝ちなのであまり悠長に後方から隙を伺っていると不利になります

かといって意地になって前に出ようとして無駄なスタミナを使ってもダメというこの辺の駆け引きは凄く上手くできてますね

こんなシステムですから当然対戦は盛り上がります

スタミナ使い果たした相手をゴール前で差したりギリギリで逃げ切ったりかなり熱くなります

 

複雑なテクニックを必要とせず駆け引きのみで勝敗が決まるので対戦ツールとしてはぴったりでしたね

友達や兄弟とかなりプレイしました

一応競馬ゲームらしく予想もあります

といっても6頭立ての馬連なのでかなりシンプルです 別に当たってもどうという事もないのでほとんどプレイした記憶がありません

まあギャンブルゲームの宿命ですね

 

ファミコン初期だけあってリアル路線ではなくゲーム的な演出の強いゲームでしたがそのおかげでキッズでもすんなりプレイする事ができました

PCエンジンでワールドジョッキーが出たものの続編が出なかったのは残念ですね

 

競馬といえば若かりし頃(年齢は伏せます)凄く頭の良い友達がいました

全国的に誰でも知ってるような高校に通う通っていた秀才で大の競馬ファンでした

ボクは競馬には全く興味が無かったのですがその友達とはやたらウマが合いました!(上手くね~!)

 

その友達がある時興奮気味に僕のところにきました

「ついにタモツ指数が完成した!」との事

競馬に興味の無い私は「???????」

何でもタモツ指数とは過去の成績、コース、騎手等を全て数値にして数式に当てはめて予想するという極めて科学的な予想・・・・だそうです

全てを数値にするという時点で無理がある気がしますが過去のレースで試した結果的中率は驚異の7割超えだとか

まあこういった指数は一般的だし自分で考える人もたくさんいるでしょうからそれほど珍しいもんでもないでしょう

しかし当時私は競馬の知識が皆無だったので結構興奮しました

 

ネックはタモツ指数を使えるのは特定の条件があってその条件に当てはまるレースがかなり少ないのです

ただ当てるのは簡単だがオッズとリスクを計算した場合買うべきではないとか・・・(ガキのくせに何言ってんだ)

地方競馬まで目を通さないと条件にあうレースがありません

少ないレースで儲けるには元手が必要 そこでボクに声をかけたのです

「今度のレースで二人で大儲けしよう!」

今考えりゃバカ丸出しなんですがその時はまんまと彼の口車に乗りました

口車に乗ったというと一方的にボクが乗せられた事になりますが実際は違います

タモツは今度のレースでお小遣い1万円を賭けて一勝負したいというので私がそれならもっと大金をかけて大勝負しようと言ったのです

その額なんと10万円! 歳は伏せますが年齢的にはかなりの大金です(時効です)

最終的に2人で用意した金額は12万円 僕は一月分のバイト代をはたきました

 

当日2人でウィ〇ズに行きました

本日のレースの内タモツ式指数に当てはまるレースは4レースでした

順調に行って全て当たると数百万場合によっては数千万の計算です

僕達の夢は果てしなく広がりました・・・とんだクソガキですね

 

最初のレースはまずは様子見で3万円で勝負しました

 

残念ながら惜しい位置で外しましたがおさえで買った馬券が当たってトントン

指数を的確に使えば儲けは出なくても損する可能性は限りなく少ないとか(本当ガキが何を言ってるんだか・・)

これは次につながる予感

という訳で次のレースでさらに3万

・・・・・・

今度はかすりもしませんでした

若干友達の顔も曇り気味

ボクは案外楽観的でタモツを能天気に励ましてました

 

勝率7割であれば外すのは想定内です

全勝と比べると最終的な金額は2桁3桁小さくなる訳ですがまだまだ大きく勝てる可能性を秘めています

2万円をかけて次の勝負

何故2万になったかというと単純にタモツがビビったのです

結果はまたまたハズレ・・・

 

タモツの顔色は土気色になり口数がみるみる減っていきます

次のレースまで時間があるので飯でも食って風を変えようと言ってみますが「あー」だの「うー」だの上の空

松屋のテーブルにノートを広げて計算式を書きなぐってはぶつぶつと独り言を言っています

ご飯を食べて落ち着いたのかタモツは驚くべき事を口にしました

今日は一旦引こうと・・・なんだか歴史上の人物の言葉を引用して引き際がどうたらこうたらとのたまいました

頭の良いヤツは理屈っぽいぜ!

 

ボクとしてはここまで来て引ける訳がありません

それが戦術的、合理的な撤退なら従えますが今のタモツはただビビっているだけ

臆病風に吹かれた将に従えば無駄死に決まっています

ボクはタモツを鼓舞し次の支持を仰ぎました

 

タモツは今日のレース結果を数式にあてはめ頭フル回転で次のレースを予想しました

単純にレースを当てるだけではなく元手以上に増やさねばなりませんから買い方も複雑です

タモツは頭から煙を出さんばかりにノートに数字を書きなぐり複雑な計算をしています

ボクは頭の回転が速いやつってスゴイなぁ・・・と呑気に見てました

 

そして運命の最終レース

私は半分以上あきらめていましたし今日の興奮やタモツの面白い姿を見る事ができたのでまあいいかと思ってました

しかし何とタモツは的中させたのです

払い戻しは18万円

元手からえばたった6万円のプラスですが払い戻し機から万札出てきた興奮は今も忘れません

そしてその時のタモツの安堵した顔・・・

 

儲けの6万円は2人で分配したので3万円づつ 苦労したのはタモツだけですがなんでか均等でした

今考えるとずいぶん不公平な取り決めですね

焼肉屋に入り2人でお祝いしました 5千円くらいしましたがさすがにボクが払いました

タモツは人のお金でやるのは2度と御免だと言ってました

ボクもギャンブルで儲けるのって大変だなぁと思いました

良い勉強になりましたね

 

 

 

 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

© 2021 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。