閉じる

チャレンジャー【ファミコン】

元祖音ゲー??

 

ファミコンソフト チャレンジャー【ハドソン】 1985.10.15

ファミコン初期のタイトルですね

どの程度売れたのかは不明ですが知名度が高く実際にプレイした方も多いでしょう

私の周りでも所有率の高い一本で別々の友人に借りてプレイしました

 

当時の標準的アクションですが不思議なステージ構成です

1面は横スクロールアクションで走行中の電車で敵とヒロインを追います

走行中の電車というのがなかなか凝った設定です

流れる背景が走る電車を上手く再現しています

最後は連結を外されて逃げられるというかなり凝った演出です

ステージ1で流れるBGMが非常に印象的

良いBGMだと思ってたらシューベルト作曲だったとは・・・

子供にも伝わるってやっぱり偉大な作曲家なんですね

 

この名曲を使った面白い裏技があります

BGMにあわせてナイフを投げるだかジャンプをすると無敵になるというもの

これは本当にユニークなアイディアだと思います

名曲に合わせてボタンを押すのがとても気持ちいい

音に合わせたゲームはこれ以前にもあったのかもしれませんが私はこのゲームが初めてでした

 

2面以降はガラッと雰囲気が変わります

見下ろし型の広大なステージ

なんかドラえもんっぽいですね そういえばあれもハドソンか

私はこの辺で諦めた記憶があります 広大というか広すぎて面倒くさくなりました

テンポが良かった1面とちがって広いステージをやたらウロウロ

洞窟内のジャンプアクションもいささかワンパターン・・・

そしてこのゲームのネックはBボタンがジャンプという事です

発売時期にはAボタンがジャンプという事はまだ定まってませんでしたがそれでもやっぱりマリオの影響

は大きく違和感たっぷりでした

 

人気のわりには私はあまりハマりませんでした

しかしファミコン初期を彩った記憶に残るゲームだと思います

 

まさかシューベルトも自分が作った曲がテレビゲームに使われるとは思ってなかったろうなぁ・・

 

 

 

 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

© 2021 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。