閉じる

バルーンファイト【ファミコン】レビュー

わざとじゃねえから


ファミコンソフト バルーンファイト【任天堂】です
私は全く知らなかったのですがwikiによるとオリジナルがあったんですね

ファミコン初期の名作この時代のファミコンキッズなら大抵の人はプレイしてるんじゃないでしょうか
個人的にはマリオブラザーズ・アイスクライマー・バルーンファイトこの3本で殺し合い御三家です

アイスクライマーでも書きました元から対戦ではないというのがミソなんですよね
対戦だと始める前から構えますし、テクニックに差があると最初からやる気しませんからね
その点協力プレイならそういう事もありません

弟や友達をおとしいれるにしても「クリア目指すから殺し合いは無しな」といって油断させておけばいいのです
そして頃合いを見計らって一番笑えるタイミングでコロす!
ナマズの上で風船を一個割ると浮力が落ちてそのままナマズに食われる これが最上です

しかし油断はできません なぜなら相手もチャンスを伺ってる可能性があるのです

「蛇め!」
いやこちらの殺意を察知しているのかもしれません
フワフワとこちらに飛んで来たら(まさか殺しに来たか)と緊張が走ります
スレスレをかすめて行くと(殺そうとしたのか?)という疑いが生じます
相手の表情を伺ってもて何も無かったかのように平然としています

「人を騙し食らう蛇め!」

こうしてイマイチ信頼できない相棒とギリギリの協力していくのがバルーンファイトの魅力です(本当か)

ゲーム内容と関係無い話が続きましたが純粋にゲームとして完成度の高い作品です
風船の独特な浮遊感とボタン連打による制御 行き過ぎたり足らなかったなかなかもどかしい
それだけに上手く操作する楽しさがあります
ゲーム開始時は敵がまだ風船を膨らませ切ってませんその間にテンポよく敵を倒すと爽快です
この辺も凄く良く出来てますね

さらに1人プレイ、2人プレイに加えてバルーントリップというモードがあります
これは障害物をよけながらひたすら左に進むだけ

単純ですが絶妙なバランスでこれもまた面白い
オリジナルがあるとはいえさすがに任天堂ですね

当然ヴァーチャルコンソールでの配信もありますがネットで協力プレイができるといいですね
この辺りはSwichに期待ですね

風船といえば僕(一人称変わりますよ)が高校の頃文化祭でヨーヨー釣りをやりました
高校生でヨーヨー釣もなかろうと思うでしょうが当時の僕もそう思ってました
クラスの大半もそう思っていました じゃあ何故やったのかというと単純にくじ引きで負けたのです
食べ物系は大人気で学年で2クラスのみというしょうもない決まりがあったのです

僕達は一人4枚の前売り券のノルマを与えられました
4枚というと少ないように思いますが40人全員だと160枚、学年300人なので半数以上です
しかもヨーヨー釣りの前売り券なんて誰が買うんだ
哀れに思った友達1人が買ってくれましたが残り3枚は自分で買いました
1枚50円3枚でたった150円ですから働くだけ無駄というもの
こういうズルさだけはは持ち合わせていました

それでも一応買い出しに行ったり飾りつけをしたりなかなか充実した数日でした
普段交流の無い生徒と喋ったりクラスが一つになってこれぞ文化祭といった感じ

しかし文化祭当日はしょうもないものでした
当然のようにヨーヨー釣りやるようなヤツはいません しかもヨーヨー釣りは水を使うという事で校舎裏の水飲み場みたいな場所でした
中庭ではオリジナルTシャツに割烹着を着た女子があんみつだの綿菓子だのを売ってるのに日当たりの悪い水飲み場でヨーヨー釣りなんてする訳がないのです

高校の文化祭というのにびっくりするくらいヒマでした
幸い余る程水風船があるのでそれでキャッチボールをしたり冷やかしにきた他のクラスのヤツにぶつけたり
これが予想外に盛り上がり関係ない学校の生徒やらガキやらも混じって大騒ぎ この時青春を感じました
しかし交代でやってきたヤツにはただの悪ふざけにしか映らなかったようです いや実際ただの悪ふざけです
責任感のある生徒で遊んでいた連中とケンカになりました

僕は店番終わったからいいだろうとその場を離れました 僕はこういうズルさも持ち合わせていました
そのまま文化祭を満喫して教室に戻るとビックリ なんと大騒ぎになってクラス会議にまで発展していました 参加してないのは僕の他2人だけ僕は当事者という事もあり高校生にもなってビンタされました
ムカついたのでそのまま踵を返し帰りましたが 悲しい事に翌日から普段接点の無い生徒の僕を見る目が変わっていました

せっかく文化祭で仲良くなったのにそれまで
例によって何の救いもない思い出話です

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

© 2021 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。