閉じる

テトリス【ファミコン】レビュー

テトリス狂騒曲

ファミコンソフト テトリス【BPS】1990年6月30日

レトロゲーマーなら任天堂とセガのテトリス騒動は一度は聞いた事があるでしょう

世間一般に広まっている事がどれだけ正確なのか我々一ユーザーには分かりませんが要約するとこんな感じです

 

テトリスの国内発売において複雑に絡んだ権利関係でセガに手落ちがありメガドライブで発売できなくなった

任天堂はそこをしっかり抑えてゲームボーイ版の発売にこぎつけたという訳です

当時は任天堂が権利をかっさらったように言われメガドライブユーザーは任天堂に対して憤ったものです

この辺が実際どうだったのか謎であり真実を知りたいところです

 

任天堂がゲームボーイ版の権利を得たとしてもメガドライブは別ハードですしセガはセガで契約を結ぶ訳には行かなかったのでしょうか

国内のゲーム化にあたって任天堂の独占契約だったのかそれとも任天堂が代理店になったのか

もし任天堂がライセンスを付与する立場にあったのならセガには与えなかったのでしょうか

独占契約であれ代理店契約であれに任天堂はメガドライブ版の発売を阻止したのかそこが知りたいところです

別に何であれ任天堂が悪いと言ってる訳じゃなありません

当時のハード戦争からいえば当然でしょう

 

それに理由はどうであれセガはメガドライブユーザーの期待に答えられなかった事は間違いありません

発表までしてたので尚更です

メガドライブユーザーが責めるべきは任天堂ではなくセガでしょう

 

メガドラユーザーだけが被害を被った印象ですがテトリスに関していえば全てのユーザーが敗者でした

PCエンジン、メガドライブでは発売されなかったことにくわえてファミコン版がク〇移植だったのです

国内においてはテトリス=セガ製テトリスだったのです

このシンプルさ 背景の謎写真も印象的

ボタンで回転させてレバー↓で落とす これが当たり前でした

ところがファミコン版は十字キーで回転させてボタンで落とすというものでした

※ちなみにゲームボーイ版はセガと同じです

この操作はあまりにも違和感があってファミコン版テトリスは全く人気がありませんでした

メガドラユーザーの私も友達の家でプレイして「あ、これならいらないや」と思ったものです

これだけ単純なゲームなのだからコンフィグくらいあってもいいだろうに

グラフィックも単純に性能の問題じゃなくテトリミノのデザインがゴチャゴチャして美しくありません

テトリスでク〇ゲー移植なんてどうやったらそうるんだ

 

結局当時はテトリスをやりたければゲームボーイ版以外に選択肢は無かったのです

ファミコン、PCエンジン、メガドライブ 全てのユーザーが負けたようなもんです

ゲームボーイは据え置きハード戦争には加わってませんしね

 

結局まともなテトリスが家庭用でできるのはだいぶ後でした

そのまともなテトリスでさえセガ製テトリスに慣れていた人間からするとどこか違和感のあるものでしたね

今ゲームファンに一番出来の良いテトリスを尋ねてもこれぞというソフトは上がらないのではないでしょうか

 

 

 

テトリス【ファミコン】レビュー」に1件のコメントがあります

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

© 2021 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。