閉じる

Skate【Xbox360】レビュー

オーリー!フリップ!グラインド!

EAのSKATEです
私はスケートボードにハマってた時代があります
トータル8年くらいだから趣味としてはかなりハマったほうです
スケートボードを少しでもやった事がある人なら分かりますがめちゃくちゃ最初のハードルが高いです
というのも何をやるにしてもまずはジャンプ、スケボーではオーリーといいますがこれが全ての基本です

しかし5㎝飛ぶだけでセンスがある人でも1ヶ月くらい半年以上かかって飛べない人もザラです
大半はオーリーが出来るようになる前にやめていくのではないかと思います
逆にオーリーができるだけでスケボーは一気に面白くなります
なので初めてオーリーで障害物を超えた時の喜びはひとしお
そもそも何で足にくっついてない板に乗って上手い人なら1m以上も飛び上がれるのか
これは理屈は簡単でテール部分を下に思い切り蹴れば板は弾けるように上に跳ね上がります
この縦に跳ね上がった板を前足を使ってコントロールするのです
とまあゲームと全然関係ない話ですがそれだけオーリーは奥が深く面白いトリックです
ここからゲームの話ですがSkate以前にもスケボーゲームはありました
有名なのはトニーホークシリーズ

ゲームですからそんなオーリーもボタン一つ
簡単操作でプロのようなというかプロでも不可能な技がいくらでも可能です
私もトニーホークシリーズはかなりやり込みましたしスケートボードゲームはこういうものだと思っていました

そんな中に突如現れたのがこのSkateです

なんと言っても驚いたのがトリックの出し方
ボタンを押して出すのではなくスティック操作でジャンプします
まずは下に引いて上にはじくというまるで板を操ってるかのような操作感

板を回転させるフリップの場合は引いたスティックを斜めに跳ね上げます
これも実際のスケボーに近い理にかなった操作方法です
トリックも現実的で地味ですが街中を適当に走ってるだけでも十分面白いのです

トリックが現実的な事もあってリプレイはまるで本物のスケートビデオのようです
現実的と書きましたが飛んで回して手すりの上に乗る現実のプロのスケーティングこそ非現実的です

初代にして素晴らしい完成度
スケーターの心をガッチリつかんで大ヒットしました
続編も3まで出ましたが残念ながらそれ以降は出ていません
東京五輪でスケートボードが正式種目に採用されたので4の発売も近いかもしれませんね

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

© 2021 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。