閉じる

ロックンロールレーシング

アドレナリン&ドーパミン!!!

知る人ぞ知るスーパーファミコン用ソフトロックンロールレーシングです
国内の発売はナムコですがバリバリの洋ゲーです
そのせいか国内での知名度はイマイチだったように思います
そもそもSFC時代は国産のレースゲームがたくさんありましたしマリオカートという絶対王者が君臨していました
ですがこのゲームはそれらのレースゲームにはない魅力があります

ゲームシステムはごく普通の斜め見下ろしのレースゲームです
賞金で車をアップグレードしたり武器を装備してレースを有利に進めます
ここまではごく平凡なレースゲームですがこのゲームのうりはタイトル通りロックンロール!!
レースが始まってすぐ流れるBGMはDeep PurpleのHighway Star
もうこの時点で脳汁ドバドバです
※わたしは洋楽に全く興味がないので詳しい事は知りません
さらにSteppenwolfのBorn To Be Wildと続きます
当時はゲームのBGMにヒット曲が使われるような事はありませんでした(私は知りませんでした)
しかも音楽に興味のない私でも知ってるような曲
当然ですがレースにはピッタリの曲です


挙動はドリフト挙動
うまくコーナリングしてる最中にそれらのヒット曲が流れてるともう鳥肌ものでした

今では当たり前になった洋ゲーですが私にとっては洋ゲーの魅力を教えてくれた貴重なゲームです
電源入れた瞬間からとにかくハイテンション
ゲームとしてもバランスが良く適度な難易度でやりごたえがある良ゲーです

その後バーンアウトをやった際に洋楽のヒット曲が流れた時はこのゲームを思い出しました

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

© 2021 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。