閉じる

バーチャファイター【SS】レビュー

新しい時代の幕開けとともに取り残された

セガサターン バーチャファイター(セガ)です
2D格闘技の(実質的な)元祖がストリートファイターなら3D格闘技の元祖はバーチャファイターでしょう
制作はAM2研 AM2研といえばバーチャファイター以前はアウトランやアフターバーナーを制作しバーチャ同時期にはデイトナUSAを制作した世界でも最先端の製作チームといった感じでしたね

ストⅡのヒットで対戦格闘というジャンルが確立され各社から様々な格闘ゲームがリリースされました


しかし依然として主役はストリートファイター 他にも評価された作品もあったものの類似品という印象でした


格闘ゲームという単純なシステムである以上当然だと思っていました
落ちモノというジャンルを作ったテトリスみたいなもんですね

そこに現れたのがバーチャファイターです

初めて見た時は驚きましたね すでに3Dレースゲームはあったものレース以外だとG-LOCくらいだったでしょうか
グリグリと動く視点にも驚きましたがそれ以上に人間っぽい動きに驚きました
2Dの動く絵と違って一連の動作が繋がっておりモーションも現実的で気持ち悪いくらい人間らしい動きでしたね
各社独自のシステムやグラフィックでオリジナリティを出す中で全く別次元の進化でした

さすがセガ!!

と散々持ち上げたものの私はついていけませんでした
この時期あまりゲームにハマって無かったのが一番の理由ですがそれ以外にも難しかった事があります
ゲーム自体が複雑という訳ではありません むしろシンプルなくらいですが間合いや駆け引きが過去のゲーム以上に重要でついていけませんでした
逆に言うとそれだけ革新的だったのでしょう

セガサターン発売時のキラータイトルとなりました
バーチャがやりたくてサターンを選んだ人も多かったのではないでしょうか

その後鉄拳が発売されさらにストリートファイターシリーズも3Dになっていくのはご存知の通りです
ストリートファイターが格ゲーを作りバーチャファイターが次世代に昇華させたと言っても過言ではないでしょう

しかし格ゲーブームが下火になりバーチャファイターシリーズやその他のシリーズもストップするなかまさかモータルコンバットが残るとは思いませんでしたね

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

© 2021 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。