閉じる

ゼロヨンチャンプRR

本物のバイトゲーム!

スーパーファミコン用ソフト ゼロヨンチャンプRRです
初代と2はPCエンジンで本作は3作目になります
私が初めてプレイしたのはPCエンジン版ですがこのRRはゼロヨンチャンプの完成形だと思います
このゲームが他と違うのはその名の通りゼロヨンをテーマにしていることです

ハンドル操作はありません
十字キーはシフトでボタンはアクセルとクラッチに割り当てられています
いかに良いタイミングでシフトアップするかで勝負が決まります
十字キーは格闘ゲームの必殺技のように素早い入力が全て
といって雑に動かすと3速に入れたつもりが5速に入ってしまったり
場合によってはそのまま引っ張った方が良かったりとなかなか奥が深いのです
もちろんノーマルでは勝てません お金を稼いで車を買って改造する必要があります

プレイヤーは一流レーサーではなく平凡な浪人生となってゲームを進めるのです


この画面とてもレースゲームとは思えません

なんとレースゲームでありながら主人公は普通免許すら持ってないです
F1やWRCでトップに上り詰めたゲーマー達も一からの出発です

教習所がチュートリアルになっておりより主人公に感情移入しやすくなっています
さらに双子の姉との微妙な人間関係まで

肝心のレースはまだ始まりません・・・

もちろんただの浪人生に車が買えるわけもありませんし父(赤沢正明47歳小説家趣味日本刀収集)も浪人生の子供に車を買ってやる程甘くはありません(250万も持ってますが)

若者らしくバイトしてお金を貯める必要があります(勉強せえよって話ですが)
このバイトこそこのゲームを良作に終わらず名作にした一大要素です
プレイヤーはいくつかのバイトから選ぶことになりますがメインはRPGでしょう

ますますレースゲームとはかけ離れていく画面

警備員となってドラクエ風のダンジョンを見回ります
当然RPGですから道中には敵が現れます
主人公はレベルを上げつつ良い武器を手に入れ頼りになる仲間達とビルを攻略するのです
ここまで書いた通りミニゲームといっても本格的なRPGでとても良く出来ています

ゲームが良く出来ているだけではそこまでハマる事はないと思います
やはりお金を稼ぐという目的があってのものでしょう
そしてそのお金の使い道がある事(新しい車やパーツ)これは本当に良い要素だと思います
一般的なレースゲームのようにレースに勝った賞金で車をアップグレードするとなるとどうしても手段と目的が一緒になってしまいがち
10週も走って得た賞金で新たな車を手に入れてまた次のレースで10週となるとレースゲーム好きの私でもマンネリ感がぬぐえません
逆にいくらバイト体験ができても得たお金の使い道がなければイマイチでしょうし
そう考えるとこのゲームが大ヒットした理由が凄く理解できます
是非ともこういったレース以外にもこだわったレースゲームが出て欲しいところです
やはり作るとなると大変なんでしょうね
ゼロヨンチャンプも家庭用ではPS2を最後に続編は出ていません

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

© 2021 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。