閉じる

松本亨の株式必勝学

今こそⅢを発売だ!

ファミコンソフト 松本亨の株式必勝学(イマジニア)です
タイトル通りゲームで株式投資をシミュレーションするという内容です
当時は小学生だったので株なんて全く分かりませんでした
このゲームも友達から借りてやったものです おそらくその友達のお父さんが買っていたのでしょう

 

発売は1988年時代はバブル真っ只中です
ファミコンキッズには直接関係ないもののパパのボーナスはアップするママの機嫌は良くなるボクのお小遣いは増えると関節的な恩恵は受けていたのでしょう
バイクだとレプリカブームCBRやZXRが生まれた頃 性能至上主義で金をかけたバイクが多いです

バブル

何とこのゲームも9800円もします バブルですねぇ
でゲーム内容ですがwikiによれば100万円を元手に1億円稼ぐらしいです
といってもただ株の売買をやるだけではありません
株売買シミュレーションというよりは株売買人生シミュレーションです

ゲームでは株取引とは関係のない様々なイベントが起こります
破産はもちろんゲームオーバーですがそれ以外にも体を壊すとゲームオーバーです

これは実にナイスアイディアですね どんなに稼いでも健康でなければ意味がありません
さらに悪い時に悪い事が重なるもの

骨身を削り血沸き肉躍る株式投資はストレスも貯まります(ほとんど知りませんけど)

買い!買い!買い!買い!買い!
・・・・・・

休日にはストレスの発散が必要になってきます
たまには株の事を忘れて映画でも見てリラックス

しかし人生は思うようにいきません・・・

骨折したり病気になったりこのゲームあまりいいイベントがありません
おそらく人生とはそんなもんなんでしょう

個人投資が身近になり今や学生や主婦でもやってるそうです
こんな時代だからこそ『松本亨の株式必勝学Ⅲ』を
人生にリセットボタンは無いのですから



嘘です 人様のやってる事にとやかく言えるほど私は偉くないです
というかこの『松本亨の株式必勝学』悪い事が起こった後リセットするとペナルティが課されます
厳しい!

長くゲームをやってきて思う事は投資にしろ英語にしろゲームで何かを学ぶなんてできないという事です
ゲームの目的が学ぶ事なんて面白くないだろうなぁ・・・と思います
英語、漢字、料理、最近ではヨガや筋トレまで様々な教育ソフトがありますがあれで体得したような人はそれがなくても体得してるでしょう
一番役に立ったのは桃鉄ですかね

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

© 2021 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。