閉じる

ウルティマ 恐怖のエクソダス

やっちまった・・・

ファミコンソフト ウルティマ恐怖のエクソダス【ポニーキャニオン】です
大ヒットウルティマシリーズのファミコン第一弾です ゲームとしては3らしいですね

ぱっと見はオーソドックスなドラクエ型ですがパーティーを自由に組む事ができます
これはなかなか画期的なシステムでした
さらにキャラは何人も作れる上にゲームの途中で入れ替え可能という非常に自由度の高いシステムでした
いかにもPCらしいシステムですね

そして戦闘もドラクエのようなコマンド選択式ではなくシミュレーションゲームタイプです
パーティーの組み合わせによって戦い方が変わるのでとても相性が良いですね

ただ連続すると少し面倒くさい・・・
このゲーム倒した本人しか経験値が入りません 敵を弱らせておいて最終的にトドメを刺すというこれまた面倒くさい作業をしなければいけません
そしてこのゲームの一番有名な要素
それは街の住人誰であれ戦える事です ただのモブキャラから衛兵さらに王様まで襲う事ができます
もちろん倒せば経験値とお金が手に入ります ただ王様は倒せません(たぶん)

ゲーム全体なんか暗い印象です
独特の視界システム(見えない部分は黒い)で画面の大半が黒だったり全体的な色使いやBGMもなんか暗い

自由度が高い反面何をやっていいのか分からなくゲームの難易度も高め
ファミコンキッズの心を掴めなかった印象です

この時代RPGは全くと言っていい程やらなかったのですがこのゲームは猿のようにやりました
しかしハマったからではありません

誤って兄のデータを上書きしてしまったのです
ファミコンキッズならほとんどの人が経験してるあの感じ・・・
これがデータが消し飛んだのなら接触不良のバグとして闇に葬れたのですが上書きだとそうもいきません
全てのデータを消せば可能だったのかもしれませんが当時は思いつきませんでした というかさすがに僕でもそこまではやらなかったと思います

罪を犯して露見するまでの時間 あれは罰を受けている時間よりもキツイものです
頭をフル回転させ言い訳を考えひょっとしたら怒らないかもという希望的観測をし兄の性格を知ってるだけにあり得ないと打ち消す ここはダメ元で自分じゃないと言い張るか・・正直に謝るべきだと天使がささやき弟に罪をかぶせてしまえと悪魔がささやく
頭の中はグルグルまわり これならいっそ早くしてくれと思いますがこんな時に限って兄の帰りは遅い
逃亡犯は捕まった時ほっとするらしいですがなるほどと思いますね

待ってても時間の無駄 それどころか苦しむだけですから僕は遊びに行きました
これが小学生の特技 遊んでいる間は嫌なことを全て忘れる事ができます
宿題を放置してようが翌日笛のテストあろうが関係ありません

しかししょせんただの現実逃避で事は何も解決はしていません
帰り道は再びあの絶望感がよみがえってきます

恐る恐るドアを開けたら予想通り兄は怒っていました 隣で弟が笑ってるのがまたムカつきます
弟という存在は普段兄から酷い目にあわされてるので兄の不幸が大好物
烈火のごとく怒った兄はバカだのカスだの一通り僕をののしりました
しかし僕はこれがすめば開放されると思っていたのでむしろ気楽でした 案ずるより産むがやすしとはまさにこの事
ところが残念ながらこれで終わりではありませんでした
兄はレベル上げと金を稼ぐ事を命じました

その晩僕は蛍光灯の豆電球の下泣きそうになりながらレベル上げをしました ひょっとするとウルティマの暗い雰囲気はその経験からくるものかもしれません・・・あの独特のBGMを聞くと今でも思い出します

中国ではネットゲームをやらせてお金を稼ぐ工場があるそうです
大変な仕事だろうなぁと思います

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

© 2021 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。