閉じる

ロードラッシュ【メガドライブ】レビュー

あなどれない!

メガドライブソフト ロードラッシュ【EA】1992年11月20日

タイトルの醸し出す雰囲気だけで洋ゲーと分かります

ロードラッシュ自体知名度は比較的高いので内容を知っている人も多いでしょう

バイクレースにパンチやキックの攻撃要素を加えたものです

タイトーチェイスなんかが近いですね

もちろん敵も攻撃してきますが目的はレースに勝つことなので途中無理に倒す必要はありません

ただ目の前にライバルがいたらどうしても攻撃したくなるのが人情です

順位そっちのけで敵を倒しに行ってしまいます

 

当時の洋ゲーそして疑似3Dレースというと難易度が高そうですがそんな事はありません

といっても私はクリアしてませんが

操作性は至って良好で丁度いいスピード感があり対向車をかわしたりライバルとのバトルもいい具合に白熱します

疑似3Dレース特有のちょっと操作をあやまっただけでスピンの連続というような神経質さはありません

クラッシュした時のライダーの挙動やクラッシュした敵に後続車が巻き込まれたりと芸も細かい

バックミラーが左右にあるとこなんかもコダワリを感じますね

ライバルが転んでいるのをミラーで確認するのはなかなか愉快です

 

インパクトだけのゲームかと思いきやしっかりした作りです

多くの続編がリリースされたのも完成度が高かったからでしょう

 

ちなみみこのゲームは海外のソフトそのまんまです

洋ゲーというより正真正銘Genesisのソフトです

この時代はファミコンもメガドライブもスーパーファミコンも名前だけじゃなく本体やカセットの形状も違ってたんですね

今でいう地域制限ではなく販売戦略上だと読んだ事があります(定かではありません)

ファミコンの素晴らしいデザインもアメリカでは通用しないと判断されたのでしょうか

私からみればNES( Nintendo Entertainment System)のデザインは無機質で平凡に見えますけどね

オリジナリティが無くカセットデッキと言われても違和感がありません

それに比べてファミコンの洗練されたデザイン!

コンピューターでありながらわびさびを感じます

しかしGenesisに関して言えば本体の形はほぼ同じです

ロムカセットにしてもほぼ形状は一緒なのです

なぜこんな微妙な違いをつけたのでしょうかね

 

無駄にも思えますが今となってはそれが面白いですね

 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

© 2021 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。