閉じる

アローンインザダーク2【セガサターン】レビュー

元祖?

セガサターンソフト アローンインザダーク2【エレクトロニックアーツ】1996年2月23日

ゲームにおいて元祖と言うと意見が分かれますが3Dアクションといえばアローンインザダークだという人も多いのではないでしょうか

 

今回紹介するのはアローンインザダークの続編です

舞台は洋館 行方不明になった女性を探しだすのが目的です

洋館内では3Dアドベンチャーではお決まりのトラップが数多くしかけられています

一部ではこれが理不尽な即死トラップとして有名だったりします

 

初の3Dという事で初プレイはなかなかインパクトがありました

といってもこのゲーム私の友人が買ってそれを横から見ていたのですがそれだけでも十分伝わってきました

ギョギョ~!

人なのか人形なのか分からない

初期のポリゴンゲームならではの粗く独特の雰囲気ですがこれがホラーの世界感にバッチリ合っています

背後から忍び寄る敵や突然現れるトラップの臨場感が2Dアクションとは比べ物になりません

そして何といってもシュールな世界観

3Dアドベンチャーといっても背景2Dで固定当然視点も固定です

まあ初期の標準的な3Dアクションですね

その元祖がアローンインザダークな訳ですが

 

ラジコン操作と言われる独特の操作性のせいで上手く動かす事ができません

敵が迫って来ているにも関わらずあっちへフラフラこっちへフラフラ

敵もノロノロと滑稽なのでマヌケ同士の鬼ごっこです

そこにきて理不尽なトラップで即死という

友達と一緒にプレイしていたこともあり大笑いしながらプレイした記憶があります

こう書くと恐怖とは程遠い印象ですがそんな事はありません

滑稽な雰囲気が逆に恐怖を引き立てます

 

 

このジャンルは後にバイオハザードが発売され大ヒットしました

しかし元祖ともいえるアローンインザダークはいまいち奮いませんでしたね

このゲームは3Dアドベンチャーの無い時代に生まれたからこその楽しさだったのかもしれませんね

それだけに他のどんな名作でも決して味わえない新鮮なゲームでした

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

© 2021 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。