閉じる

キングコング2 怒りのメガトンパンチ【ファミコン】レビュー

メガトンパンチ!空手チョップ!

ファミコンソフト キングコング2怒りのメガトンパンチ【コナミ】 1986年12月18日

キングコング2というタイトルですがこれは映画の「2」という事で続編という訳ではありませんランボーⅢ【MD】なんかと一緒ですね

ジャンルは見下ろし型のアクションゲームです

端まで行ったらスクロールするゼルダの伝説タイプですね

攻撃はパンチと弾数制限のある岩

オーソドックスなアクションですが建物を踏みつぶしたりパンチでぶっ壊したりとキングコングらしい演出もあります

コナミらしくグラフィックは美しく各ステージも多彩です

 

さぞかし豪快かと思いきやそうでもないです

メイン攻撃のパンチがとにかく中途半端・・射程が短く当たり判定も厳しい

そのせいもあってとにかく敵に食らいまくる

体力制なのですぐ死ぬ事はないですがやはりストレスが溜まりますね

タイトルのメガトンパンチはいったいどこ行ってるんだ!

 

そもそも単純にこのゲーム難易度が高いのです

マップが広くウロウロ探索してる間に削られて死ぬといったパターンでしょうか

ゲーム全体の雰囲気も暗くあまりテンションの上がらないゲームでしたね(あと点滅がウザい)

 

このゲームで覚えている裏技が一つあります

それはワープなんかを使ってまず最終面に行きます

ラスボスのいるエリアは鍵がないので通常入れません

扉の前まで行ったらわざと敵の攻撃を受けます するとノックバックで壁にめり込みます そこからさらに食らうと最後のエリアに入れるというもの

当時ファミマガだかファミ通で読んで試してみました

実際できたのですがそれまでの過程を経てないので十分パワーアップしておらずすぐに殺されてましたけどね

 

この「メガトンパンチ」なんだか昭和を感じさせる名前ですね

最近全く聞きません

しかしボクがファミコンキッズだったころは良く聞きました

何かで揉めると「オレのメガトンパンチ食らわすぞ!」とか「オレの空手チョップでお前なんか一撃だ!」なんて言ってましたね

 

必殺技といえば小学校低学年時の水泳の授業での事です

低学年の目標は25m泳ぎ切る事 泳げるのはクラスの半分くらいでしたかね

ボクはプールが好きだったの泳げましたが友人のフミオは息継ぎができず8mくらいが限界でした

そんなフミオが「今日はオレの必殺技で25m泳ぐ」と断言しました

正直全く期待してませんでした

ボクはそつなくクロールで泳ぎ切りフミオの番になりした

フミオはプールの壁を蹴って勢いよくスタートしました めちゃくちゃなバタ足とやみくもに手を回すの今まで通り

問題は息継ぎです

8m経過したくらいでフミオは手でかく勢いを利用して背泳ぎ状態になり息継ぎをしそのまま一回転してまたメチャクチャなクロールに移行しました

それを繰り返す事によってなんと25m泳ぎ切ったのです

夏の日差しの下フミオのガッツポーズが輝いていましたね

なんだかフミオが運動音痴みたいなストーリーですが実際はフミオは運動神経抜群で後に他のスポーツでインターハイ出場します

誰に習う訳でもなく1人ひそかに考案し特訓して25m泳ぎ切る「必殺技」を実践できるのは抜群の運動神経あってのモノだったのでしょう

 

 

 

 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

© 2021 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。