閉じる

ファミリートレーナーアスレチックワールド

ズドーン バターン

ファミコンソフト ファミリートレーナーアスレチックワールド【バンダイ】です
マット型のコントローラーの上に乗って操作する今でいうダンスダンスレボリューション(DDR)ですね ファミコンキッズならDDR見た時にまずファミリートレーナーを思い出したのでは

システムはシンプルでマットの上で足踏みするだけですがDDRと同じように十字キーになっておりジャンプしたり左右によけるという動作ができます
キワモノ扱いされがちですが結構よくできたシステムだったと思います
wikiによると同梱のアスレチックワールド以外にも9本も出ていたそうです
これは他の専用コントローラーと比べるとかなり多い

ただやはり古いゲームなのでイマイチなところも
ゲーム上の速さを決めるのは地団太の速さであって歩幅はいっさい考慮されません
つまり足を上げないように地団太するのが一番効率的なのです
最初はこれに気付かなかったので友達の弟(園児)にも負ける始末
あとはランナーの動きがギクシャクしており地団太をやめた瞬間ピタッとその場で止まるのでハードル等のタイミングが非常にシビアでした 時代を考えれば仕方ないでしょうけどね

問題はゲーム内容ではなく住宅事情
小学生ともなれば体重が20~30㎏ そんなのが必死にバタバタやってればうるさいなんてもんじゃありません 集合住宅であれ悪夢でしょう 裁判沙汰のレベルです
うちも古い戸建だったので使用を厳しく禁じられした
しかしダメだと言われたらやりたくなるもの しかも買ったばかりのゲームをやるなという方が無理があります 当時共働きだった母親の目を盗んでコッソリとプレイしていましたが今度は同居していた婆さんに禁じられました
怒った事など見た事もないような婆さんを怒らせたという意味では思い出深い一本です

いかんこんな事書いてたらバチが当たってしまう ナムアミダブツナムアミダブツ

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

© 2021 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。