閉じる

がんばれゴエモン!からくり道中【ファミコン】

丁!

ファミコンソフト がんばれゴエモン!からくり道中【コナミ】です
大ヒットシリーズの第一弾です
和風のグラフィックと印象的なBGMでインパクトのある作品なので知名度で言えばトップクラスでしょう

インパクトだけでなくゲームの完成度も高い
システムとしてはアクションですが一般的な横スクロールではなく幅のあるベルトタイプです

グラフィックもBGMも純和風でいい感じです

このゲームで印象的だったのが賭博場です
武器はキセルと小判 小判は投げると減るので途中途中で拾ったり博打で増やす必要があります
もちろん江戸が舞台なので丁半博打です
私はこれで丁半を知りました 結構そういう人多いんじゃないでしょうか ファミコンの影響力は凄いもんですね 別に丁半博打なんて知る必要もないので役には立ってませんが

このゲーム1面は難易度低めでテンポもいいのですが2面から急激に難易度が上がります
私は借りて遊んだ程度なので2面までしか行ってません 兄貴が進めるのをみてましたが結局何面まで行ったのか全く覚えてません 似たような面が続きとにかく長いんですよね・・・

ゲーム全体としては良作だと思います
長いというのも裏を返せばボリュームがあるという事です(2メガ!)し高い難易度も操作性が良いので理不尽な印象はうけません
この作品が基礎になり続編が高い完成度に仕上がったのも納得

ゲームではお決まりのお金を拾うシステムですが私もファミコンキッズ時代に一度拾った事があります
その額なんと3万円!下校中友達と2人川辺を歩いていて財布を拾いました 不思議な事にお金以外は何も入ってませんでした
漫画なんかだと天使と悪魔が出てくるシーンですがさすがに3万円なんて迷うまでもなく近くの交番に届けました 額が額なのでお巡りさんが親をよんでくれて手続きは友達の親が全部やりました

翌日学校に行くとクラス全員が知っていました もちろん言ったのは一緒に拾った友達です
まあそれはいいのですがその日の放課後欲をかいた生徒達の大捜索が始まりました
ガキはバカだなぁと思いますが竹藪でうん億円見つかった時は大人もやってましたね
驚くべきはこの大捜索で5万円拾ったヤツがいたのです 町中探せばそれくらいは落ちてるのでしょうか
ただ残念ながらそちらはすぐに落とし主が見つかりクッキーだか饅頭だかを貰ったとか

一方私たちのほうは6か月経っても落とし主は見つからず友達の母親と受け取りに行きました
ファミコンキッズにとっての3万円ですからテンションあがりましたね
しかし友達の母親に3000円ほど渡されてあとはお母さんに渡しておくからねと言われガッカリ
そりゃまあ低学年のガキに15000円も持たせて遊びに行かせられませんよね
とはいえ3000円でも大金です何を買おうと街をウロウロ ファミコンキッズならゲームを買う所ですが目ぼしいソフトもありません
かといって私はファミコン以外の玩具にはあまり興味がありませんでした
友達も目ぼしいモノが無いようで適当にお菓子を食って帰る事にしました

そして帰り道ペットショップの店先でミドリガメを売ってるのが目に入りました
別にカメが好きな訳でもないし普段なら気にもしなかったでしょうがこれがお金の魔力でしょう
結局2匹ほど買って家に帰りました
親は動物を勝手に飼う事を厳しく禁じていたので怒られましたが話を聞いていた爺さんが「拾った金で買った亀なんて縁起が良い」とよくわからない事を言ってくれたおかげで許可が下りました
しかしエサ代は残りの金で払うと言われ「しまった・・・」と思いました

結局その亀はほぼ爺さんが世話をしましたが私は幸運のカメという事で何かあるとお願いしてました
特にご利益はありませんでしたがひょっとすると世話をしていた爺さんにはあったのかもしれません
亀としても金で買ってきただけのヤツより毎日世話をしてくれる爺さんの願いを聞くのは当然でしょう

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

© 2021 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。